2017年3月3日金曜日

春は黄色から


 いよいよ3月に入りました。3月の声を聞くと木の芽の膨らみがどうかと気になります。
 これから次々と花が咲きはじめますが、まず目につくのが黄色い花たちです。ロウバイ、エニシダ、チューリップ、フリージァと菜の花など黄色い花々が真っ先に春を告げるようです。
 山ではダンコウバイがはじめに渋い黄色の花を咲かせます。ダンコウバイの咲いたのを見つけると山にも春がやってきたと思わせます。
 そして次から次へと花が咲きはじめて野にも山にも都会にも花の競演が続きます。


  それから春の花の女王である桜が日本列島全体を覆えば春爛漫となりますが、先触れとなる黄色い花は三月の色だと私には思わせます。続く4月はピンクや桃色の月です。
 黄色という色は着物や帯にそれほど多くは使われません。せいぜいクリーム色ぐらいでしょうか。でも私は大好きで黄色い帯や着物を染めたり帯締めや帯揚げにも黄色を集めます。クリーム色ではなく薄くてもレモンイエローから濁りのない黄色は遠目で見てもよく目立ちます。


 濁りがあったり渋みが加わると芥子色や金茶色になりますが、抜けるような透明感を持つ黄色は言って見れば、蒲公英の花の色、ラッパ水仙の黄色と言えばわかりやすいでしょうか。
 春の青空とも良く合うのです。これからも春の黄色を表す作品を創り続けていこうと思っています。

2017年1月12日木曜日

あらたまの年の初めに想う



 新年が明けたら早、半月ほどあっというに経ちました。
成人式も終わりいろいろとその装い方にも思う事もありましたが、はやりのスタイルや髪型にあれこれと言いたくなるのは自分が年をとったせいかしらとか、いや、そのせいばかりではないと、とつおいつ考える日々であります。

 そして平成の御代もなんだか終わりを告げそうな気配で、今度はどんな元号になるのだろうかと大きく変わる時代の変わり目に立ち、オリンピック開催の日もひたひたと足音を立ててやってくるみたいで新都知事の動きを報道で見るに付けて先の東京オリンピックの時がつい昨日のように思い出されます。

 この50年あまりの東京の変わりようには、今更ながらよく自分も時代の波をくぐりながらも仕事を続けられたものだと思わずにはいられません。

 あの頃オリンピック景気に沸いた頃、私はすでに某デパートの仕事をしていてネコもしゃくしもオリンピックと熱に浮かされるように東京中いや日本中が草木がなびくようでありましたから、今思い出すとおかしくなる事なども多々有りました。

 先日、当時の仕事の図案の中に聖火台の小さな柄の小紋用の図案とか五輪の輪の帯の柄が見つかり懐かしくもあり、またなんだか可笑しくもなり思わず笑ってしまいました。

 あの頃誰も彼もがオリンピックに向けて商魂たくましくて、また様々な業界もオリンピック景気に乗ろうとした物でその騒ぎに乗って、テレビはカラーテレビが開会式のアンツーカーの美しさを声高に実況しました。
 カラーテレビはまだ普及していなかったので、テレビを観た人がつまり知り合いが興奮して私の母にしゃべっていたのが思い出されます。目をつむるとあの時代のざわめきが私の耳に蘇ってきます。
 国を挙げてのお祭り騒ぎに誰も疑わず、人々は前進あるのみで熱に浮かされたような勢いで、それすら不思議とは思わず、今とは全く違いました。




思えば誰も疑問も持たず、突き進んで来た昭和の時代は単純ではありますが、幸せに思った人が大半だったのでしょう。

昭和から平成にかけては私も家庭づくり、子育て、仕事に夢中になり過ごす日々でしたがそんな時代ももうすぐ終わろうとしているので感慨深く思えて新元号になったら自分にとっては最期の元号と思いますから実り大きい日々でありたいと願うばかりです。そして着物の仕事はまだまだ続けるつもりでおります。

 自然との関わりをもっともっと深めながら毎日を大事にそして上質な時間を過ごせたら
いいと新しい元号を迎え受け入れて行こうと考える日々です。

2016年11月8日火曜日

「瑠璃の会」秋晴れに集う



 来る11月5日は早稲田にあるリーガロイヤルホテル東京で「瑠璃の会」が催されました。
 この度も沢山の方々がお集まりになり、盛会の内に終えることが出来ました。この会ほど世代の違う人々が一同にあつまるという会はなかなかないのではと思います。




 これもひとえに着物を着て集まるというお約束の下での会ならではと言う華やかさがあります。今回は津軽三味線とオーボエそして日本の歌というコンサートでしたが、今までにない企画で、懐かしく親しみやすい音楽に包まれて、穏やかな雰囲気の中、歌に聴き入りました。


  お食事中には親しくお話を交わしたり、着物談義やらそれぞれの近況を語り合ったりして秋の午後を楽しく過ごしました。
 どの方も年齢に関係なくお洒落して着物姿でいられると何て華やぐことでしょう。これも着物効果と思えるのです。


 昨今は着物で多くの方が集まる会はバブル期に比べるとずいぶんと減っていますが、その点、瑠璃の会は時代の波にも消されないで、こつこつとよく続いていると思うのです。
 これほど世代の異なる方々が集まるパーティもめずらしいのです。それはいつも皆様自身の意志で集まって下さるので、こんなに長く続いているのだと主催者としては自負しています。


 まだ次回の会も決まらないのに次の案内の申し込みが来ているのは嬉しい限りで励まされます。
 着物っていいなと思って下さる方が居る限り、続けなくてはと思い着物はあるけれど着て行くところが無いなんて言われないようにがんばらなくてはなりません。
 皆様のご協力をこれからもお願いします。

2016年10月14日金曜日

新作・秋のあらた会 + 大島紬展



 一昨日は見事な秋晴れのなか、私立の明星学園中学2年生の授業の一環で、私の仕事、着物についての講演会がありました。

 今の中学生は大きいですね。この世代が着物についてどの程度の認識があるかと考えつつ、着物の持つ文化,強いては日本の工芸や季節感、日本の風土に育まれた美意識などなど、のお話をさせて頂きました。
 おわかり頂けたかしらと、ひとつでも心に残る言葉を覚えていてくれたらいいなーと思っています。

 本日よりあらた工房ではこの秋工房で染めた新作着物に加え、大島紬の特別展を開催致します。


大島紬の産地織元からコレクションした泥大島、白大島、古代染、泥藍などを展示いたします。工房の染帯新作と紬を併せた上質なお洒落をご覧頂ければ幸いです。
また、すでに大島紬をお持ちの方、どんな帯が紬に合うのかとお考えの方はぜひ参考にして下さい。


2016年9月5日月曜日

単衣の時の伊達襟について



 猛暑の夏が過ぎ、9月になればさすがに朝夕は吹く風も秋らしく感じます。
9月に入ったとたんに,さて何を着よう。夏を引きずるのは良くないし、9月らしく装うのはどんな着物がいいだろうかと、お出かけが決まっている方は少し悩むこともあります。
 早速に質問が飛んできました。9月の結婚式に相応しい単衣の訪問着があるのだけれど、伊達襟をつけるのはどうなのかしらという悩みです。
 元々伊達襟というのは、本来重ねで着る着物を省略して伊達に襟だけを残した物が一人歩きしたのですから、それを考えればこの季節に上が単衣の着物であれば下の比翼も単衣であるべきなのです。それで襟だけを特化して考えれば伊達襟も裏地がつかない単衣でなければならないわけとなります。

 しかしながら単衣に見せるため裏地もついていない伊達襟をつけるのはどうも心許ない気もしますし着物から浮いてしまいそうで自分で着るには難しい気もします。
 理屈から言えばこのようになるのですが付け比翼になっていなくて襟だけの布では何とも本体の着物との収まりが悪い気もしますし着にくいことでしょう。

 最近はほとんど誂える方がいなくなってしまいましたが、以前には結婚式のお仲人を単衣の季節である6月や9月に頼まれると単衣の黒留袖を注文で創った事もありました。
 その時は付け比翼も当然単衣仕立で創りました。それを考えると付け比翼は本体の着物にしっかり付いているので着にくくはないですがはたして伊達襟だけだと一枚の布ですから伊達襟に裏地がないのはやはり綺麗に重ねるのは難しいでしょう。
 結論を申しますと、単衣の着物には伊達襟をつけることは考えずに着る事にしておくのが無難でしょう。
 それでも華やかさが欲しいなら半襟に凝って品良く格調高い半襟、たとえば刺繍や箔が施してある物の半襟を遣われるのも一考でしょう。ただし襟は白地で上質の物が相応しいです。
 単衣の時季は秋は短いですがそれでも昔よりは単衣を着る期間が最近は長くなったようです。9月に入ってからの伊達襟に付いての疑問をお持ちの方がいらしたら参考にして下さい。